環境アスファルト世界共通の環境素材

環境アスファルトは燃やしません。その機能性から持続型原料として利用します。
別称:水添・無臭・回春・LCA・グリーン・長寿命として表現しています。

原油残渣油及び石炭を液化(水素分解)により、低硫黄のアスファルトが副産物として出てきます。無臭・安全・安定であり燃料以外の用途があります。樹脂機能もあり、世界共通の環境材料Sustainable materialとして期待しています。

Hydrogenation asphalt / Green asphalt- Unscented.Security.Stability
Use it as raw materials use. Spread by an indoor use.

グリーンアスファルト 舗装業界の省エネと省マネーを目指します。自治体の不燃ごみを舗装材料に使います。長寿命でリサイクルに優れた道路を作ります。

安定で無臭なアスファルト 建設材料に接着剤が使われています。この樹脂を作るのに5倍のガソリンが必要です。石化樹脂を代替します。70万dのアスファルトで350万klのガソリンを節約します。食糧飼料を犠牲にしてまで車の燃料作りには反対です。

水添アスファルト 減圧残渣油=アスファルトを水素によって分解すると30%の水添アスファルトが副産物として出てきます。環境には国境がありません。世界共通の環境素材が求められています。

回春アスファルト G8環境サミット、2050年CO2を50%削減。20世紀に蓄えた資源を廃棄せずに、100年建材として再利用します。資源輸入を50%にします。海外での乱開発を防ぎます。

環境アスファルト アスファルトには臭い、汚いとのイメージがあります。しかし歴史的に、構造物・医療等に広く長く使われていました。化石エネルギーの最も重い瑠分で、最も美味しい瑠分です。持続型素材として第二の歴史を刻みます。

樹脂代替アスファルト ポリマーには液体の可塑剤が大量に使われます。液体であるが故使用中に可塑剤が溶出し、性能の劣化と健康を阻害します。溶出しない生態系に優しい可塑剤が求められています。樹脂代替を兼ね備えた固相系可塑剤です。

LCAアスファルト 製造・応用・廃棄すべてのおいて、環境・コスト負荷の低い素材です。大量低廉で世界共通の原料です。例えば建設材料のLCAを向上させます。廃材-繊維性ボード(石綿を含む)を破砕せずに、飛散防止、剛構造に柔構造を加味、耐水・防虫・耐震の100年建材にします。
完全固定化・強度

世界共通の環境アスファルト 80カ国の貧しい国のインフラを整備します。水漏れのない灌漑設備を、不安定な砂漠地での植林に、雨風地震にも崩れない建物を、洪水でも表土が流れない安定地盤を、点滴農法に適した地盤を、砂塵防止に、

石油によって汚染した環境は、環境アスファルトによって、エコロジーとエコノミーを、新しい資源を必要としない持続型発展を目指します。


Green Lubricating Model
Comprehensive lubrication performance improvement

人・物・金を掛けずに設備機械の省エネを実現します。25%の電気が多種多様の設備機械を動かすのに使われています。設備機械の潤滑性を2%改善できれば、CO2を400万d削減できます。GLMにより、振動/音/磨耗の低減、寿命延長、省エネを目指しています