潤滑性能改善モデル G L M

合成油の性能は理解できるが、切り替えが面倒。高過ぎる。他の機械に使えない。管理が煩雑になる。他油との混合が出来ない。廃油処理が厄介。
GLMは現場の意見を尊重した潤滑性能改善モデルです。総ての機械・潤滑油に適用できます。10%の後添加で合成油並みの効果があります。
面倒な合成油に切り替えなくても、僅か200円の投資で合成油並みの効果が、ライン全体・工場全体を性能を改善出来、生産性に寄与する事ができます。
GLMの特徴が問題点を解決します。GLMを進化させたのがGBMです。
 1.21世紀の合成油AN-アルキルナフタレン【ExxonMobil開発のSynesstic】を基材。
 2.新規性の高い特徴により、簡便で効果的な導入モデルを可能にしました。
 3.自動車用・工業用潤滑油等で、GOの性能が確認されています。

GLMには、Green Oilが欠かせません
Green Oil
とは、AN-アルキルナフタレンを主剤にしています。
Green Oilを10%入れるだけで、*総ての潤滑油の性能を改善出来ます。  トップ